ホーム>よくある質問>カスタマーサービスについて
質問検索

関連するキーワードを入力してください

検索

カスタマーサービスについて

モンベル製品のカスタマイズやサービスに関するご質問。

商品について

商品のメンテナンス方法が知りたいのですが?

サイト内カスタマーサービスページのメンテナンス方法をご覧ください。

取扱説明書をなくしたのですが、手に入れることはできますか?

サイト内カスタマーサービスページよりダウンロードできます。

ダウン製品から羽毛が出た時の対処法は?

ダウンウェアのお手入れ方法(洗濯・乾燥などについて)のページをご覧ください。

ダウンの羽毛抜けは、なぜ起こりますか?

2つの理由があります。
1. スタッフバッグから取り出した後、すぐにロフト(かさ高性)が復元するように、生地を構成する糸と糸の間にはすき間があります。そのすき間から羽毛が出る場合があります。羽毛が抜けにくい加工を生地に行っていますので、保温性能を落とすほどの羽毛抜けが起こる心配はありません。
2. 縫製時の糸にからみついた羽毛が出てくる場合があります。羽毛の切れ屑ですので、保温性能に影響はありません。

スリーピングバッグの収納方法を教えてください。

スタッフバッグの幅に合わせて折り畳んだ後、ジッパーを中心にして丸めて収納してください。ダウン、エクセロフトどちらの中綿を使用している場合でも、中綿の傷みを抑え、無理なく収納する方法です。なお、ダウンを使用したスリーピングバッグをご自宅で保管する際は、付属のコットン製のストリージバッグに入れてゆったりと保管してください。

バックパックの耐荷重を教えてください。

バックパックについて、弊社では耐荷重の具体的な数値としての設定はございません。バックパック製品は、登山やご旅行といった使用を想定しています。例えば20Lの容量の場合、日帰り登山や日常使いの製品となり、その用途で必要とされる荷物の重量に耐えうる仕様となっております。登山などのアウトドアフィールドでの使用ではなく、例えば機材のような重量物を入れる使用は想定されておりません。ショルダーハーネス(肩に背負うハーネス)の付け根など、縫製箇所が荷重に耐えられず、破損する可能性がございますのでご注意ください。

モンベルのバックパックは防水ですか?

バックパック単体では防水機能を備えていません。山岳地帯での激しい風雨から荷物を濡らさないようにするには、パックカバーと、パック内部で防水スタッフバッグを使用する二重の防水対策をおすすめします。

購入後、あまり履いていない登山靴でも劣化するのですか?

登山靴には寿命があります。登山靴のソールは、ゴムやポリウレタンなどを接着し、構成されています。これらの素材は使用の有無にかかわらず、時間の経過により経年劣化を起こします。劣化が進むとゴムの破壊やソールの剥がれが起こります。製造後の耐用年数は保管状況等によっても異なりますが、約5年程度とされています。長年履いていない登山靴を取り出してみたら、意外に綺麗だったからといってそのまま登山に使うことは絶対に避けてください。ソールの剥がれなど、現場でトラブルに見舞われる可能性が高いです。モンベル・カスタマーサービスでは、登山靴のソール張り替え修理(リソール)を承っております。リソールを行っていただくことで、安心して登山靴をご愛用いただけます。登山靴の状態にご不安を感じたら、お近くの店舗もしくはモンベル・カスタマーサービスまでご相談ください。
※靴全体の消耗度により回復する機能と回復度合に個体差があります。状態によってはリソールより買い替えをおすすめする場合がございます。
※軽登山靴や長靴など、リソールができないモデルもございます。
※モンベル・カスタマーサービスでは他社メーカー製ブーツの修理は承っておりません。

トレッキングポールに身体の全体重をかけても大丈夫ですか?

あくまでも登山時の補助用としてご使用いただくアイテムなので、全体重をかけることはできません。グリセードやクライミングの支点にはご使用にならないでください。推進力を得たり、身体のバランスをサポートするものとしてご使用ください。

トレッキングポールに潤滑油は使用していいですか?

テレスコピック・システムを採用しているモデルの場合、ストッパーの軸にのみ潤滑油を使用できます。ただし、シャフトの内側や樹脂製のストッパーの外側に潤滑油が付着すると、ストッパーが滑ってしまい機能しなくなります。ストッパーの軸以外の部位には、潤滑油を使用しないでください。潤滑油にはさびを防ぐ効果もありますので、適切に使用することでストッパーの軸のさびを防ぐことができます。

「よくある質問」を見ても問題が解決しない場合はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせへ