お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されない可能性があります。
Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。


ホーム>スリーピングパッドの選び方 ―アウトドアでも快眠を―

スリーピングパッドの選び方 ―アウトドアでも快眠を―

2023/2/9

アウトドアでの快眠をサポートしてくれるスリーピングパッド。モンベルでは、トレッキングから冬季登山、キャンプまで、用途やシーズンに合わせ、豊富なラインアップをご用意しています。各モデルの特徴やスペックから、目的に合ったスリーピングパッドをお選びください。

スリーピングパッドの役割

スリーピングパッドの役割は「断熱性」と「クッション性」にあります。クッション性に欠けると翌朝体が痛んだり、断熱性が低いと冷えで深く眠れなかったりします。ぐっすり眠って気持ちの良い朝を迎えるためには、スリーピングパッドの携行は必須です。

スリーピングパッドを使用した場合のメリット

・地面の冷気が伝わりにくく快眠できる。
・地面の凸凹が気になりにくい。

イラストはイメージです。スリーピングパッドは、テント内での適切な使用をお願いします。

スリーピングパッドを選ぶポイント

構造

空気注入式、空気注入式(フォーム入り)、フォーム式の3タイプをご用意しています。

●空気で内部を膨らませる空気注入式
●コンパクトになり、パックに収まりやすく、荷物を小さくしたい人におすすめ

●内部にフォーム(スポンジ)を内蔵したフォーム入り空気注入式
●使用時にバルブを開けると、フォームの復元力である程度膨らむ「セルフインフレータブル」
●クッション性と断熱性に優れ、快適な寝心地が得られます

●耐久性・断熱性に優れたクローズドセルフォームを使用
●折り畳み式で、素早い設置・撤収が可能
●パンクの心配がなく、凹凸のある地面に直接敷いて使用できます


重量と収納サイズ

アクティビティや移動手段などで、重さや収納サイズの重視するポイントも変わります。パッドを携行して長く移動する登山や自転車ツーリングには、軽量性やコンパクト性を重視したモデルを。オートキャンプなど荷物の量をあまり気にしなくてもよい場合は、軽量コンパクト性よりも、快適性を重視したタイプがおすすめです。

重量と収納サイズ比較


厚み、サイズ、断熱性

厚み

パッドの厚みがあればあるほどクッション性に優れますが、一方で軽量・コンパクト性が損なわれます。購入前に実際に試して、生地や寝心地、寝返りを打った際に不快感がないかなども確かめておくとよいでしょう。

使用サイズ(幅・長さ)

トレッキング向けモデルは、軽量コンパクト性と快適性を両立できるよう、幅を約50㎝に設定。頭回り、足先などを必要最小限の幅にカットし、軽量化を追及しています。ワイドサイズやキャンプ向けモデルは、幅を60㎝以上に設定。横になった際に肘が落ちることなくゆったりと使用していただけます。

キャンプなど荷物やテントの大きさの制限がない場合は、180や150モデルにオプションの枕(別売)などを組み合わせ、寝心地の好みや体格に合った使い方を。軽量・コンパクトさを優先し、荷物を切り詰めたい登山や自転車ツーリングには、短めのパッドという選択肢があります。ショートサイズでも工夫次第で快適な就寝スペースを作ることができます。パッドの機能を最も必要とするのは背中と腰。この部分にのみパッドを使用し、衣類を入れたスタッフバッグを枕にしたり、空にしたバックパックを足の下に敷いたりします。

断熱性

断熱性は、パッドの内部構造や素材の組み合わせなどにより、用途に合わせた設計を行っています。厚みがあるものが一概に断熱性が高いというわけではありません。軽さやコンパクト性などとのバランスで設定はさまざまです。各モデルのR値(熱抵抗値)を参考に、季節や就寝時の環境などに適したものを選びましょう。

R値とは

R値(熱抵抗値)は、ASTM F3340-18に基づくスリーピングパッドの断熱性を表す指標です。数値が高いほど断熱性が高いことを示しています。R値はパッドを選択する際の目安としてください。

快適性をサポートする独自システム

U.L.コンフォートシステム(特許取得済)

荷物やバックパック、オプションアイテム(別売り)をパッドと自由に組み合わせ、使用シーンや好みに合わせて快適な寝心地を設定できる独自のシステム。

対応モデル:U.L. コンフォート システム エアパッド&ワイドシリーズ/U.L. コンフォート システム アルパインパッド25/キャンプパッド38/キャンプパッド50/キャンプパッド100(ジョイント・システムのみ)

ズレを防ぎ快眠をサポート

独自のジョイント・システムにより、長さの異なるパッドや別売のU.L.コンフォートシステムピローエクステンションパッド 30などをジョイントさせることが可能。寝返りを打ってもパッドがずれたり、すき間ができず、快眠を妨げません。

ピローストラップ

収納時にはパッドを絞って、スタッフバッグに入れやすくするストラップとして使えます。スタッフバッグなどを枕として使用する際には、その固定にも使えます。

その他共通機能(空気注入式モデル)

逆止弁付き空気注入バルブ

逆止弁により、息を吹き込んだ後に口を離しても空気が抜けないので、息を吹き込むことで空気圧の調節が可能。空気を抜く際は、バルブのふたで逆止弁を押しのけることで、簡単に空気を抜くことができます。ポンプ スタッフバッグ(別売り)対応。

ポンプバッグ対応

別売のポンプ スタッフバッグを使用することで素早く簡単に空気を注入することができます。
キャンプパッド38・50・100・100ワイドは、ポンプバッグ機能付きスタッフバッグが付属します。

リペアキット付属

空気もれの穴を補修する専用のリペアキットが付属します。パッチにも接着剤が塗布してあるので、フィールドでの応急処置も可能。


ラインアップ

トレッキングから冬季登山、キャンプまで、用途やシーズンに合わせ、豊富なラインアップをご用意しています。各モデルの特徴やスペックから、目的に合ったスリーピングパッドをお選びください。

 
空 気 注 入 式  フォーム式
トレッキング向け トレッキング向け
キャンプ向け
商 品 名 エアパッドエクセロフト
エアパッド
アルパインパッド25 キャンプパッド38 キャンプパッド50 キャンプパッド100 フォームパッド タタミパッド
特 徴  非常にコンパクトに収納できる
軽量エアパッド
軽量コンパクト性と断熱性を両立
冬季にも活躍する中綿入りエアパッド
携行性と快適性を両立
フォーム入りエアパッド
クッション性と断熱性を重視
フォーム入りエアパッド
高いクッション性と断熱性を誇る
フォーム入りエアパッド
優れた快適性と断熱性
フォーム入り極厚エアパッド
素早く広げて、すぐにたためる
軽量パッド
不整地の凹凸を緩和し、畳のような
寝心地の極薄パッド
厚み エアパッド エクセロフトエアパッド アルパインパッド25 キャンプパッド38 キャンプパッド50 キャンプパッド100 フォームパッド タタミパッド
7.0cm 7.0cm 2.5cm 3.8cm 5.0cm 10.0cm 1.6cm 0.5cm
重 量 431g
 ※150モデル
545g
 ※150モデル
556g
 ※150モデル
875g
 ※150モデル
1,025g
 ※150モデル
2,220g
 ※長さ200cm
336g
 ※150モデル
479g
 ※150モデル
携行性  ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★
断熱性 ★★☆☆☆

R1.4
★★★★☆

R5.0
★★★☆☆

R3.2
★★★★☆

R4.9
★★★★★

R6.5
★★★★★

R8.1
★★☆☆☆

R1.5
★☆☆☆☆

R0.7
推奨
シーズン
3シーズン対応 オールシーズン対応 オールシーズン対応 オールシーズン対応 オールシーズン対応 オールシーズン対応 3シーズン対応 3シーズン対応

空気注入式
U.L. コンフォート システム エアパッド & エアパッド ワイド

優れた保温性・快適性を備え、コンパクトな収納サイズを実現。パックに収まりやすく、荷物を軽くしたい人におすすめです。

軽量化を追求したモデル

頭回り、足先などを必要最小限の幅にカットし、軽量化を追及したシルエット

快適性を高めたモデル

エアパッドよりも10cm幅が広いスクエア形状。肘が落ちにくく、体格のよい方もゆったりお使いいただけます。

ボックス構造

チューブ間に隔壁を設けたボックス構造。フラットな寝心地で、寝返りを打っても快適です。

保温性を重視した隔壁構造

従来モデルに比べて隔壁を高くすることで、コールドスポットができにくく、優れた保温性を発揮します。

コンパクトな収納サイズ

わずか∅8.5×20cm(90サイズ)というコンパクト性を実現。携行に大変便利です。

 

空気注入式(中綿入り)
エクセロフト エアパッド

エアマットの内側に、保温性・耐久性に優れる独自素材エクセロフト(中綿)を封入し、冬季にも対応する保温性と軽量コンパクト性を実現した空気注入式パッド。軽量ながら優れたクッション性で快適な寝心地を実現しています。

中綿入りボックス構造

チューブ間に隔壁を設けたボックス構造に、独自素材「エクセロフト」を封入。隔壁が高く設定されているので、コールドスポットができにくく、優れた保温性を発揮。

断熱性を高める中綿

中綿「エクセロフト」がチューブ内の空気の対流を抑え、断熱性を高めています。さらに、エクセロフトをパッドの上下面に溶着する独自構造を搭載。パッドが膨らむと自然にロフトが復元するため、へたりによる保温力低下を防ぎ、エクセロフトの保温力を最大限に発揮します。

軽量・コンパクト性

中綿の「エクセロフト」は、極細繊維(マイクロファイバー)で構成され、繊維自体が細く柔軟性があり圧縮しやすいため、同等の保温性を持つフォーム入りパッドと比べ、大変コンパクトになります。(画像は150サイズ)

軽量化を追求したシルエット

軽量コンパクト性と快適性を両立できるよう、幅を約50㎝に設定。頭回り、足先などを必要最小限の幅にカットし、軽量化を追及したシルエット(マミー型)を採用しています。

 

空気注入式(フォーム入り)
U.L.コンフォートシステム アルパインパッド25 & キャンプパッド38・50

エアマットの内側に、高い保温性を備える軽量なウレタンフォーム(スポンジ)を内蔵したモデル。空気注入バルブを開けるとフォームの復元力である程度ふくらみ、追加で空気を注入することでパッドの硬さを調節できます。軽量・コンパクトながら優れたクッション性を持ち、さまざまな登山スタイルに対応します。

共通機能

軽量化と高い保温性を両立

高い保温性を備えた軽量なスポンジを採用することで、スポンジに穴を開ける肉抜きをせずに軽量化に成功。また、生地をはじめ、バルブ、バックル、トグルに至るまで軽量化を図りました。

快適性を追求した内蔵スポンジ

穴のないソリッド状の軽量なスポンジを採用しているため、クッション性と保温性が均一に保たれ、快適な寝心地が得られます。

逆止弁付き空気注入バルブ

逆止弁により、息を吹き込んだ後に口を離しても空気が抜けないので、息を吹き込むことで空気圧の調節が可能。バルブを操作することで半自動的に空気が入ります(セルフインフレータブル)。空気を抜く際は、バルブのふたで逆止弁を押しのけることで、簡単に空気を抜くことができます。ポンプ スタッフバッグ(別売り)対応。
キャンプパッドシリーズは、ポンプバッグ機能付きスタッフバッグが付属します。

断熱性や地面の状況によって選べる4種類の厚さ

アルパインパッドは軽量・コンパクト性を実現した登山向けモデル、キャンプパッドはクッション性と保温性を重視したモデル。オートキャンプのほか、冬山での使用にも適しています。


携行性と快適性を両立したモデル

軽量・コンパクト性に優れた、登山時の使用に適したモデルです。独自のマミー型形状を採用することで、軽量・コンパクト性と快適性を両立。4サイズをラインアップし、さまざまな登山スタイルに対応します。


クッション性と断熱性を重視した汎用性の高いモデル

フォームの厚さが3.8㎝のクッション性と保温性を重視したモデルです。地面の凹凸からの突き上げを吸収するとともに、冷気も遮り快適な使用感です。寒い季節や冬山での使用にも適しています。幅は60cmのワイドサイズで、体格のよい方にもゆったりと使用していただけます。


高いクッション性と断熱性を誇るキャンプ向けモデル

フォームの厚さが5.0㎝のクッション性と保温性を重視したモデルです。地面の凹凸からの突き上げを吸収するとともに、冷気も遮り快適な使用感です。寒い季節やキャンプでの使用に適しています。幅は60cmのワイドサイズで、体格のよい方にもゆったりと使用していただけます。

空気注入式(フォーム入り)
キャンプパッド100 & ワイド

キャンプや車中泊での快適性を向上させる、厚み10cmのセルフインフレータブルマットです。表面は柔らかくて肌触りのよいトリコット生地、裏面は耐久性を備えた生地を使用。内蔵のポリウレタンスポンジは、吸脱気バルブを開けるとある程度まで自動で膨らむので、付属のポンプ機能付きスタッフバッグでの空気注入は数回で完了します。
別売りのポンプバックには対応していません。

シングルモデル

ジョイント・システム搭載で拡張性が高いモデル。幅は70cmのワイドサイズで、体格のよい方にもゆったりと使用していただけます。

ワイドモデル

幅130cmのワイドサイズで、大人2人で使用の際も、ゆったりと使用していただけます。
連結用のトグルは付属しません。

エアフロー構造

内蔵のポリウレタンフォーム(スポンジ)には、肉抜き加工を施しており、バルブを開けると、パッド内の隅々まで効率よく空気が流れこむので、素早いセットアップとコンパクトな収納が可能となっています。

逆止弁付き空気注入バルブ

大型のエアバルブを2個搭載。吸脱気バルブに加え脱気専用バルブを設けることで、収納時にスムーズに脱気が可能です。

ジョイント・システム

モデルを連結できるトグル付き。
キャンプパッド100のみ
ほかのマットやピローとの連結はできません

 

フォーム式
フォームパッド

素早い設置・撤収が可能な軽量スリーピングパッドです。耐久性・断熱性に優れたポリエチレンフォームを使用。全面に施した凹凸のパターンが荷重を分散し、高いクッション性を発揮します。

シングルモデル

裏面のフォームを硬めにすることで不整地での突き上げ感を軽減。軽量性と耐久性を両立した、登山時の使用に適したモデルです。スクエア形状4サイズをラインアップし、さまざまな登山スタイルに対応します。

ワイドモデル

キャンプなどに最適な2人用サイズの大型タイプ。幅は120cmのワイドサイズ。半分に折り畳んで1人用としても使用できます。収納用ゴムバンド付き。

コンパクトな収納

折り畳み時に窪みと突起が重なるように配置しているので、見た目のボリュームに比べ、コンパクトに畳むことができます。

高い耐久性と効果的な保温

フォーム式で破れる心配がないため、地面への直置きにも対応。全面に施した凹凸のパターンが、地面からの距離を大きくし、体に伝わる冷気を軽減。保温性の向上に寄与しています。

収納袋付き

携行時に汚れや傷を防ぐスタッフバッグ付き。
フォームパッドラージには付属しません

 

フォーム式
タタミパッド

薄く硬いフォームで、不整地の凸凹を緩和し、「畳」のような寝心地を実現するマットです。コンパクトに収納可能で、たたみ方を変えることにより、バックパックの外に付けたり、中に収納したりできます。使用可能温度0℃以上(無雪期)
0℃以下の環境で使用しないでください。素材の特性により脆化し、製品の劣化を早めます。

2種類のフォームを組み合せた構造

クッション性を確保するポリエチレンフォームと、不整地での突き上げを軽減する硬質ボードを内蔵。性質の異なる2種類の薄いフォームを重ねることで、薄くコンパクトながら、「畳」のような適度な硬さの寝心地を得られる、新感覚のマットとなっています。

適度な硬さが快適性を実現

内蔵の硬質ボードが、石などによる地面からの突き上げを軽減するので、クッション材のみのマットに比べて厚みがなくても快適性を確保することができます。

はっ水加工

繊維自体が保水しない性質を持ち、引き裂きに強いポリエステル・リップストップを使用。表地には、はっ水加工を施しており、結露や汚れからパッドを守ります。

コンパクト設計

使用時の厚みは0.5cm、折り畳んで収納すると厚み6.0cm(150サイズ)の極薄仕様

 

より快適に眠る ―オプションアイテム―

オプションアイテムを上手に取り入れて、テント泊での一夜をより快適なものにしましょう。ポンプバッグは、U.L. コンフォートシステム搭載モデル(※)に素早く空気を注入することができる専用アイテム。スリーピングパッドと連結して使うことができる枕やエクステンションパッド、スリーピングバッグと合わせて使用するシーツやカバーなどもラインアップしています。
2016年以前の商品はバルブの形状が異なるため、対応していません。

「ポンプバッグ」の使い方動画

簡単な操作で素早く空気を注入可能。
2016年以前の商品はバルブの形状が異なるため、対応していません。

関連情報

隔壁をなくした革新の寝袋「シームレス ダウンハガー シリーズ」
ダウン本来の保温力を引き出す、世界初の構造「スパイダーバッフルシステム」を採用。モンベルのスリーピングバッグの特徴であるストレッチ性や軽量コンパクト性はそのままに、高品質ダウンの保温力を今まで以上に引き出すことに成功しました。

進化を続ける化繊綿寝袋「シームレス バロウバッグ シリーズ」
ダウンにも劣らぬ保温性を備え、湿気や濡れに強く、耐久性にも優れる独自素材「エクセロフト」を中綿に使用。その保温力を最大限に生かす新構造「シームレス構造」を搭載し、モンベル・スリーピングバッグの原点である化繊綿モデルがさらなる進化を遂げました。

オンラインショップへ