ホーム>驚異的なグリップ力を発揮するアウトソール「トレールグリッパー」

驚異的なグリップ力を発揮するアウトソール「トレールグリッパー」

2018/5/8

あらゆるトレイルを安全・快適に踏破するために―。滑りにくさと耐久性を兼ね備えたオリジナル・アウトソール

イメージ画像

イメージ画像

モンベルのオリジナル・アウトソール「トレールグリッパー」は、独自に配合した素材と泥はけがよいソールパターンにより、濡れた岩肌や木道でも抜群のグリップ力を発揮。スリップによる転倒などのリスクを軽減するだけでなく、安定した蹴り出しができ、快適で安全な歩行を実現します。

トレールグリッパーはなぜ滑らない?

イメージ画像

フリクション性能が高い特殊ゴムを使用


登山靴のソールは、メーカーや製品モデルごとにゴムの種類や配合が異なります。
モンベルは、独自の配合で仕上げた特殊な合成ゴムに、わずかに粘着性を持たせています。このわずかな粘着性は、歩行を妨げることなく、乾いた地面はもちろん、濡れた地面でも驚異的なグリップ力を発揮します。

イメージ画像

水を排出し地面を捉える独自のソールパターン


水を排出し、地面をつかむスリット(溝)を持つソールパターンを採用することで、濡れた地面でも抜群のグリップ力を発揮します。さらにモンベルでは、靴の用途に合わせて、スリットの深さやソールパターンを使い分けています。
3つのソールは、①スリットが深く岩の凹凸にしっかりと引っ掛かる登山向きのタイプ、②屈曲性をもたせ①より軽量なスピードハイク向きのタイプ、③平坦な道でも広い接地面積でグリップ力を発揮するウォーキング向きのタイプといった特長をそれぞれ備えます。

濡れた急傾斜にも強いトレールグリッパー

一般的な登山靴のソールは、岩場やザレ場での長距離歩行に耐えうるよう、耐久性を重視した硬めのものが多く、濡れた岩場や木道ではどうしても滑りやすくなります。“滑りにくさ”と“耐久性”の両立を目指し開発されたトレールグリッパーは、一般的なソールと比べて、乾燥状態で5倍、湿潤状態で1.5倍もの静止摩擦係数を実現。乾燥状態はもちろんのこと、濡れた急傾斜でも驚異的なグリップ力を発揮します。

一般的なソールとの滑り始める傾斜角の比較

イメージ画像

ソールと同素材のゴム片に1kgのおもりを乗せ、乾燥状態および湿潤状態の石板を滑り始めるときの傾斜角(当社調べ)

一般的なソールとの静止摩擦係数の比較

イメージ画像

モンベルストアで体感! トレールグリッパーのグリップ力

イメージ画像

全国のモンベルストアでは、濡れた岩の上を再現した「グリップテスター」をご用意しています。
フットウエアを選ぶとき、なかなか確かめにくいソールのグリップ力の違いですが、グリップテスターなら湿潤状態のグリップ力の違いをしっかり確認することができます。
モンベルストアで、トレールグリッパーの驚異的なグリップ力をぜひ体感してみてください。
モンベルストアの一覧はこちら

トレールグリッパー採用のフットウエア

アルパイン

日本アルプスの無雪期縦走から冬の低山まで、オールラウンドに対応。

トレッキング

無雪期登山に対応。ハイカットは荷物の重いテント泊縦走に、ミドルカットは日帰り登山や荷物の少ない山小屋泊向け。軽装備の日帰りハイキングや岩場までのアプローチには、軽量なローカットもおすすめ。

Men's

Women's

ウォーキング&ランニング、トラベル

防水性を備えたシューズは、低山ハイキングやキャンプに最適。ランニングやスピードハイクには、通気性に優れる軽量シューズがおすすめ。

Men's

Women's

モンベルサイトHOMEへ