お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されない可能性があります。
Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。


ホーム>冬のハイキングに最適! スノースパイクの選び方

冬のハイキングに最適! スノースパイクの選び方

2021/10/28

スノーハイクから急な積雪や凍結への備えまで、幅広く対応できる軽アイゼンをご紹介。

イメージ画像

寒い季節の登山は、突然の降雪や登山道の凍結が心配。そんなときに心強いのが、コンパクトで持ち運びしやすく、足元の安全を守ってくれる軽アイゼンです。低山ハイクから雪山での軽登山まで、冬も気軽に山歩きを楽しみたい、という方におすすめです。
モンベルの軽アイゼン「スノースパイク」シリーズを持ち物に加えて、安全で快適な登山を楽しみましょう。

軽アイゼンとは

アイゼンとは、氷や凍結した雪の上を歩くための爪を持つ、靴底に装着する登山道具です。本格的な雪山登山で使用されることが多い通常のアイゼンに対して、爪の数が少なく、比較的雪が少ない場所や夏山の雪渓などで使用されることが多いものは「軽アイゼン」と呼ばれています。
雪山用のアイゼンは靴底の硬い靴にしか取り付けられませんが、軽アイゼンは靴底の柔らかいトレッキングシューズにも着用することができます。

イメージ画像

軽アイゼンの特徴

軽アイゼンの爪は4~10本程度のものが多く、10~12本の爪を持つ通常のアイゼンに比べて、軽量でコンパクトに収納することができます。雪の少ない場所や傾斜の緩い場所、凍結が予想されるコースに最適なアイテムです。

爪は4~10本程度

イメージ画像

積雪量が少ない場所や傾斜の緩い場所での使用に最適な、4~10本程度の爪を持っています。

雪山用アイゼンに比べて軽量

イメージ画像

雪山用のアイゼンに比べて小さく爪の数が少ないため、軽量です。

コンパクトで持ち運び便利

イメージ画像

全てのモデルに収納ケースが付属し、手のひらサイズのコンパクトなモデルもあるため、持ち運びに便利です。

安全登山のための必携装備「軽アイゼン」

気温が低い時季は、降雪はもちろんのこと、朝晩の冷え込みで登山道が凍結することもあります。転倒や滑落を防ぐために、易しいコースや短い行程の登山であっても軽アイゼンの携行をおすすめします。

イメージ画像

さまざまなシチュエーションに対応する豊富なラインアップ

イメージ画像

モンベルでは、さまざまなシーンに合わせて豊富な種類の軽アイゼンをラインアップしています。登山コースの状況や難易度に合わせて、適切なタイプを選びましょう。

起伏の緩やかなコースのスノーハイク

イメージ画像

起伏が少なくゆったりと歩ける山であれば、軽アイゼンでもスノーハイクを楽しむことができます。蹴り出ししやすいよう前爪を備えたモデルは、硬い雪の上でも快適に歩くことができます。

スノースパイク10

フレックスジョイントバー

8本爪のアイゼンに前爪2本を備えたモデルで、雪面での優れた蹴り出し効果を発揮します。つま先側とかかと側の接続には、柔軟性の高い「フレックスジョイントバー」を採用。通常、雪山用のアイゼンは靴底の硬い靴にしか着用できませんが、靴底の柔らかいトレッキングシューズにも対応するようになっています。

【重量】562g [620g](ペア)※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【収納サイズ】11×22×9cm

【ご注意】
前爪は、蹴り出し用であり氷壁用・登はん用ではありません。傾斜の強い斜面のある山域では使用できません。

積雪のある低山ハイク

イメージ画像

積雪のある低山でハイキングをするなら、安定感のある6本爪のモデルやチェーンスパイクがおすすめです。前爪のあるモデルより重量が軽く、気軽に使用できます。土や雪が交互にお現れるようなコースに最適です。

スノースパイク6 クイックフィット

足幅の調節が可能

ラチェット部分は、不意の開放を防ぐために赤い2つのレバーを同時に引き上げることで開放。(特許取得済み)

操作性の高い独自のラチェットバックルを採用した、6本爪のモデルです。ラチェット部分は、不意に開放されないよう安全性を高めた構造。底部には、雪が団子状に付着しにくい「波型アンチスノープレート」を使用しています。付属の六角レンチを使用して、足幅の調節ができます。

【重量】520g [580g](ペア)※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【収納サイズ】12×19×9cm 

スノースパイク6

コンパクトに収納可能

テープでブーツに取り付けるタイプの6本爪モデルです。留め具はテープのみのため収納時はコンパクトになり、持ち運びしやすいのが特長です。底部には、雪が団子状に付着しにくい「波型アンチスノープレート」を使用しています。

【重量】490g [540g](ペア)※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【収納サイズ】11×18×4cm

チェーンスパイク

Sサイズ

M~XLサイズ

ブーツの屈曲に柔軟に対応

スパイク(爪)をチェーンで連結したモデルです。ブーツの屈曲に柔軟に追従するため、底の柔らかい靴にも対応します。バンドには低温下でも硬化しにくい柔らかな素材を使用しており、靴下を履くような感覚で簡単に装着できます。

【重量】280g(S)、325g(M)、360g(L)、405g(XL)※ペア
【収納サイズ】7×10.5×9㎝

【ご注意】
必ず爪(三角の突起)が外側を向くように装着してください。裏返して装着すると、滑り止めとしての効果を発揮することができません。

積雪への備えに最適なモデル

イメージ画像

雪があるかどうか分からないときや凍結が心配なときなど、使用しない可能性もある場合は、コンパクトに収納できて持ち運びしやすいモデルがおすすめです。シンプルな構造の留め具を採用しているため、簡単に着脱できます。

コンパクトスノースパイク

スタッフバッグに収納すれば、手の平サイズに。

コンパクトながらも、縦横双方向にグリップ力を持つ8本の爪を備えたモデルです。底部には、雪が団子状に付着しにくい「波型アンチスノープレート」を使用。変形しにくい「リブ構造」を採用しており、靴とスパイクの間に雪が侵入するのを防ぎます。

【重量】190g [230g](ペア)※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【収納サイズ】12×10×6cm

スノースパイク シングルフィット

靴ひもに引っ掛けられるフック付き

4本爪のシリーズ最小モデルで、大変コンパクトに収納できます。足の甲1カ所でバックルを留めるだけなので、簡単に装着可能。靴ひもに引っ掛けられるフック付きで、歩行中のずれを防止します。

【重量】180g [200g](ペア)※[ ]内はスタッフバッグを含む総重量です。
【収納サイズ】5×10×7cm

ご注意

本ページで紹介した製品は、簡易型のアイゼンです。森林限界を越える本格的な雪山での登山には使用しないでください。ご使用の際は、取扱説明書の「安全上の注意」をよくお読みください。
また、それぞれの軽アイゼンには、対応する靴のサイズがあります。詳しくは各商品の詳細ページをご確認ください。

より快適・安全に冬の登山を楽しむためのアイテム

冬の山で登山をする際には、軽アイゼンとともにトレッキングポールやスパッツの購入をおすすめします。トレッキングポールを使用すれば、積雪や凍結など足元が不安定な場所でもバランスを取ることができます。スパッツは靴の上から装着するアイテムで、靴の中に雪や泥が入るのを防ぎます。

トレッキングポール

手に力が入りにくく、雪や水蒸気が付着して接合部が固まる可能性のある冬の時季は、レバーで長さを調節するカムロックタイプがおすすめです。湿雪が付着しにくく凍り付かない「ドライグリップ」を採用したモデルや、ポールが雪に沈み込まないようにするスノーバスケットもラインアップしています。

スパッツ

冬のトレッキングには、広い範囲をカバーできる膝下丈のモデルがおすすめです。雪が深くなっている場所や、雪解けでぬかるんでいる場所でも快適に歩行できます。アイゼンで破れないように足の内側にエッジガードを備えている「GORE-TEX アルパインスパッツ」や、ストレッチ性の高い「ストレッチドライテック ロングスパッツ」などさまざまなタイプを展開しています。

フットウエアのご案内

積雪量の少ない冬季のトレッキングや、低山でのスノーハイクに適したフットウエアをご用意。本格的な雪山登山用のアイゼンを装着できる「コバ」をかかとに備えたモデルや、スノーシューなどの雪遊びにも対応する中綿入りのシューズもラインアップしています。軽アイゼンなら、ハイキング用の靴でも装着できるのでおすすめです。
靴の形状がアイゼンと合わない場合や、サイズによって相性が変わる場合がありますので、ご注意ください。

冬の登山をさらに楽しく安全に

イメージ画像

本格的な雪山登山に最適な「カジタックス アイゼン」シリーズ

モンベルでは、本格的な雪山での登山に対応する「カジタックス アイゼン」シリーズを展開しています。カジタックスアイゼンの詳しい紹介は、下記のページをご覧ください。
詳しくはこちら

イメージ画像

イベントのご紹介

モンベルが主催するアウトドアイベント「モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C.通称モック)」では、雪山トレッキングのイベントを開催しています。軽アイゼンで参加できるイベントもご用意していますので、ぜひご参加ください。
雪山トレッキングのイベントはこちら

イメージ画像

山岳保険のご紹介

ケガや遭難、物損害から賠償責任まで、アウトドアライフのさまざまなリスクに備える傷害保険。モンベルでは、選べる2タイプ・4種のアウトドア保険をご用意しています。ご自身のライフスタイルに合ったプランを選び、安心と一緒に出かけましょう。
保険について

オンラインショップへ