ホーム>クリアな視界が持続する超軽量ゴーグル「L.W.アルパインゴーグル」

クリアな視界が持続する超軽量ゴーグル「L.W.アルパインゴーグル」

2021/1/15

PRODUCTS FILE
イメージ画像
L.W.アルパインゴーグル
L.W. ALPINE GOGGLES

わずか80グラム。
クリアな視界が持続する、超軽量「L.W.アルパインゴーグル」。
機能性と軽量コンパクト性を高いレベルで両立し、雪山での行動を支えます。
レンズに直接フォームを貼り付けたフレームレス構造や、軽量化のためにやや細めに設定したストラップなど、アルパインジャケットのポケットに収めても邪魔にならないサイズ感に仕上がりました。

雪山登山をはじめ、スキー、スノーボードといった雪上のアクティビティには欠かせない「ゴーグル」。眩しさや吹雪から視界を確保するのはもちろんのこと、強い紫外線によって起こる「雪目」から目を守る大切な役割を担います。そんなゴーグルの性能を評価する指標として、欠かせないのが「曇りにくさ」。選ぶ際に誰もが気になるポイントです。
そもそもゴーグルはなぜ曇るのでしょうか。
原因はレンズの内側と外側の温度差。レンズ内側の暖かい空気に含まれた目に見えない水蒸気が、外側の冷気により冷やされ飽和状態となり、目に見える水滴となりレンズを曇らせるのです。

モンベルのアルパインゴーグル・シリーズは、ダブルレンズ構造。内側と外側の2枚のレンズで挟み込んだ空気層が断熱効果を発揮し、外気との温度差を生じにくくする仕組みです。しかし、それだけではありません。内側レンズは親水性の高いトリアセテートレンズを使用。さらに表面(肌側)に、微細な凹凸をつけて表面積を増やし、より多くの水蒸気の保持を可能にしました。結果、レンズ表面で結露した水が膜状に広がり、曇りの原因となる水滴化を遅らせます。この強力な「アンチフォグシステム」により優れた防曇効果を持つ高性能レンズは、従来品の防曇加工と比較して最大5倍、防曇効果が持続します。
また、独自の3次元曲面の形状は広い視野を確保し、アジアンフィット・デザインで快適な着用感を実現しています。

超軽量モデルの他、レンズの取り外しが可能な「アルパインゴーグル」、眼鏡をかけたまま装着できる「グラスイン・アルパインゴーグル」と、ラインアップも充実。レンズは、晴天時に最適なPL(偏光)レンズや、曇天時に最適なHD(高精細)レンズなど、使用の状況やお好みに応じてお選びいただけます。

この冬、曇りにくい快適なゴーグルで、雪のアクティビティを楽しんでみませんか。

アルパインゴーグル シリーズ
偏光レンズ(晴天時、雪面の細かな凹凸が見やすい)
高精細レンズ(曇天時に鮮明な視界を実現)
調光レンズ(フィールド状況の変化に応じて色濃度が変わる)
ミラーレンズ(まぶしい光を効果的にカット)
ミラーレスレンズ(可視光線透過率が高く、自然な見え方)
オンラインショップへ