ホーム>「手のひらに太陽の家プロジェクト」に協力しています

「手のひらに太陽の家プロジェクト」に協力しています

2014/6/27

イメージ画像

東日本大震災で被災された方々の復興支援を行う「手のひらに太陽の家プロジェクト」。モンベルはこれに賛同し、復興共生住宅の建設を担っています。
この復興共生住宅は、モンベルが建設し、同プロジェクトの第1号棟として使用していただくものです。震災遺児や原発事故から避難している親子を優先的に受け入れ、自然素材と自然エネルギーを利用した安心安全な居住環境を提供するほか、教育支援・就労支援など、生活再建に向けての多面的なサポートを展開します。モンベルでは、将来この建物が復興共生住宅としての役目を終えた折りには、環境教育や野外教育拠点となる自然学校として再利用しようと考えています。

東日本大震災の被災地への支援活動「アウトドア義援隊」を通じて寄せられた皆さまからの援助金の一部を、これまでも「手のひらに太陽の家プロジェクト」の運営資金として役立ててまいりましたが、今後は、「手のひらに太陽の家プロジェクト」支援として新たに寄付金募集を開始させていただくこととなりました。東日本大震災で被災された方々の復興支援へのご協力を、引き続き、よろしくお願いいたします。


「アウトドア義援隊」の活動状況などはこちら>>


「手のひらに太陽の家プロジェクト」について

宮城県栗原市に拠点を置く「NPO法人日本の森バイオマスネットワーク」と「NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所」が進めるプロジェクト。建材やエネルギーを地産地消し、被災者、地域、環境に優しい復興共生住宅を目指しています。モンベル以外にも、元サッカー日本代表監督の岡田武史氏や「ap bank」代表理事の小林武史氏らも賛同。資金や物資面での協力を広く呼び掛けています。2014年4月より、「一般社団法人くりこま高原自然学校」が主体となって運営されています。

手のひらに太陽の家プロジェクト:http://taiyounoie.org/ facebookページ


イメージ画像

「手のひらに太陽の家プロジェクト」へのご協力をお願いいたします

下記の方法で、寄付金を受け付けています。

皆さまからの寄付金はすべて「手のひらに太陽の家プロジェクト」にお届けし、東日本大震災で被災された方々の復興支援などに活用いたただきます。

お買い物をして、「手のひらに太陽の家」の活動をサポートしていただけます。

売上げの一部が「手のひらに太陽の家プロジェクト」に寄付されます。


モンベルが製造・販売し、商品の売上げの一部を団体に寄付する「寄付付きプロダクト」。「手のひらに太陽の家プロジェクト」を支援する商品は、モンベルストアオンラインショップでご購入いただけます!

プロジェクトのシンボルマークが入ったTシャツやボトル、シェラカップをご用意しております。
WIC.T 手のひらに太陽 ( 品番 #1114109)
ステンレス サーモボトル 0.45L 手のひらに太陽 ( 品番 #1124574 )


手のひらに太陽の家 サポートカード


お買い物の際に、ご購入いただいた金額の5%相当が、寄付されるシステムになっています。通常どおりのモンベルクラブ・メンバーズポイント(カード種類によって3~7%)を獲得できる上、お買い物すればするほど活動をサポートできます。
対象となる商品は、モンベル最新カタログ・パンフレット掲載商品に限ります。

モンベルクラブ・サポートカード詳細はこちら>>

イメージ画像

活動状況

「手のひらに太陽の家プロジェクト」の月刊広報誌「手のひら通信」をご覧いただけます

「手のひらに太陽の家プロジェクト」では、手のひらに太陽の家の活動報告や今後のスケジュールなどを掲載した広報誌「手のひら通信」を月刊で発行しています。日々の手のひらに太陽の家の様子のほか、利用者の声やご支援いただいている団体紹介もご覧いただけます。

最新号「手のひら通信 2013年11月号(vol.16)」はこちら>>(PDFファイル)


バックナンバーは「手のひらに太陽の家プロジェクト」公式サイトでご覧いただけます。

イメージ画像

「手のひらに太陽の家」を利用した小学生から作文が届きました!

福島県郡山市の小学生から、夏休みに「手のひらに太陽の家」で過ごしたときの感想が届きましたので、紹介させていただきます。作文はこちら>>(PDFファイル)

イメージ画像

「手のひらに太陽の家」をモデルにした演劇が、9月に上演されます

「手のひらに太陽の家」をモデルにした演劇が、9月に東京・新宿の「紀伊國屋ホール」で上演されます。
被災地からの避難家族を受け入れる宿泊施設を舞台に、子どもたちのことを懸命に考えようとしている大人たちのコメディです。
3.11後の「今」を見つめ直す、青年劇場渾身の一作。ぜひご覧ください!

青年劇場 《創立50周年記念・第四弾》第111回公演 『羽衣House』


ストーリー

事故を起こした原発から300キロ離れた山間にある自然の家「羽衣House」。
2013年夏。子どもたちが自然教室に出かけている間に、何者かによって家が荒らされた。ネットには犯行予告ともとれる書き込みがあったが犯人は誰なのか…。
それよりなにより、子どもたちが夕方からのマジックショーと焼肉パーティーを楽しみにしている。彼らが戻って来るまでに、なんとか元通りにしたい。「お帰りなさい!」と、何事もなかったように、子どもたちを笑顔で迎えるために…!

日程:2014年9月12日(金)~21日(日) ※9/16(火)休演
場所: 紀伊國屋ホール

★チケット等に関するお問い合わせは、青年劇場のオフィシャルサイトへ
http://www.seinengekijo.co.jp/frame.html

イメージ画像