ホーム> よくいただくご質問と回答 ~アウトドア義援隊について~

よくいただくご質問と回答 ~アウトドア義援隊について~

2011/3/24

4月8日(金)をもちまして、物資の受付を終了いたしました。

Q.必要としている物資を教えてください
4/4現在
【衣料・靴】 新品の下着(子ども用、女性用、男性用 とくにショーツとパンツ)、新品の靴下、スニーカー(大人用)、長靴
【衛生・生活用品】 オムツ(大人用・乳幼児用)、お尻ふき、トイレットペーパー、生理用品、消毒用アルコール、ウェットティッシュ(体拭き用のウエットティッシュ)、ドライシャンプー(水を使わないシャンプー)、カイロ、櫛・ブラシ類、手鏡、老眼鏡、歯ブラシ、ハンドクリーム、リップクリーム、コンタクト用品(ケース・洗浄液など)、ビタミン剤、風邪薬、胃薬、懐中電灯、手回しラジオ
【洗濯用品】 新品の洗濯バサミ、新品の洗濯物干し(洗濯バサミ吊り下げ式)
【がれき撤去などの作業用】 バケツ、角スコップ、土のう袋(ガラ袋)、たわし、デッキブラシ、ブルーシート(新品)、ゴム手袋(新品)、雨合羽・ヤッケ(新品)、長靴
【燃料・電池など】 ガソリン・灯油缶、灯油用ポンプ、カセットコンロ・カセットガス、電池(単1~4)、懐中電灯、手回しラジオ
【学習・気晴らし用】 子供用の絵本や文房具・筆記具など新品の学習用品、大人も楽しめる文庫本やトランプ
【食品(生ものは除く)・台所用品】 缶詰、レトルト食品、菓子、調味料(塩、砂糖、味噌、しょうゆ、食用油など)、食器用洗剤、新品の塗り箸(洗って使える衛生的な箸)
テント、ガスバーナー、防寒衣料、寝袋は、受付を終了いたしました。
食品・調味料・衛生用品・薬剤などは未開封のものに限ります。
中古衣料・使用済みの生活用品や靴は受け付けておりません。
アウトドア用品は、洗いや修理の必要がなく、すぐに使用できる状態のものに限ります

Q.中古衣類も受け付けていますか?
A.原則としては新品でお願いしております。
下着・靴下に関しても新品のものをお願いいたします。

Q.ツーバーナーを送ろうと思っていますが、燃料のホワイトガソリンも必要でしょうか?
A.燃料があると大変助かります。なくても構いません。
※3/27現在 バーナーやその燃料などは足りてきているようです。

Q.ジェットボイルのガスカートリッジのみを送っても役に立つでしょうか?
A.大変役立ちますので、どうぞお送りください。
※3/27現在 ガスバーナーやガスカートリッジなどは足りてきているようです。
※4/4現在 ガスバーナーやガスカートリッジの受付を終了しました。


Q.布団・毛布なども受け付けていますか?
A.布団は受け付けておりません。毛布は新品に限り受け付けています。
コンパクトになる寝袋(新品、もしくは新品に近い状態のもの)も有効です。
※3/26現在 寝袋、毛布などは足りてきているようです。
※3/31現在 寝袋、毛布の受付を終了しました。


Q.送った支援物資は後日、手元に返ってきますか?
A.援助物資はご提供をお願いしております。返却はいたしません。

Q.匿名での物資提供は受付可能ですか?
A.可能です。物資明細についてはお書き添えいただけると大変助かります。

Q.個人による物資送付の際でも、明細シートがないと受け付けてもらえないのでしょうか?
A.受付は可能ですが、明細シートを荷物と同梱していただけると、仕分けの際に大変助かります。
法人さまからの寄付など、物量が多い際には、事前に明細シートをメールやFAXで義援隊本部(大阪本社・広報部)宛てにご連絡いただけると大変助かります。

ボランティア(人手)について

3/31現在、ボランティア募集を終了いたしました。たくさんのお申し出をいただき、ありがとうございました。
現地本部(山形県天童市)周辺に在住の方で、提供物資の仕分けにご協力いただけるボランティアの方は引き続き募集しております。直接、現地本部にお越しください。(※こちらは日帰りのボランティアとなります)


Q.現地ボランティアについて詳細を教えてください。
A.山形県天童市にある「アウトドア義援隊 現地本部」を拠点に活動いただきます。
現地本部に集まった物資を仕分けし、トラックに積み込み、配送するまでがボランティアの作業内容になります。
アウトドア義援隊は、日本エコツーリズムセンター(宮城・登米に支援拠点)、ピースボート(宮城・石巻に支援拠点)、難民を助ける会(仙台市内に物資集積地)など、被災地支援活動を行う各団体、自治体などと連携して活動しています。
物資の配送先は、各団体のボランティアセンターや、活動拠点となっている避難所、自治体の災害本部などです。

  現地本部の活動状況はこちら>>


ご理解いただきたいこと

今回のボランティアに関しましては、現地までの交通手段、衣・食・住などを各自でまかなえることなどを前提としております。また、現地の状況はまだ不安定なこともございますので、自己責任のもとご協力をお願いしております。今回の活動に伴う事故やケガなどに関しては、弊社は一切責任を負いかねます。何卒ご理解いただいた上でのご協力をよろしくお願い致します。

  【現地で必要と考えられる装備】
  テント、寝袋、衣類(レインウェア、防寒着は必須です)
  食事(現地本部では水道が通っております)
  靴(足場が悪いのでトレッキングシューズなどのしっかりとしたもの)  軍手など(荷下ろし・運搬用)