ホーム>レイヤリングシステム

レイヤリングシステム

2020/10/26

イメージ画像

ウエアの構成を「アウターレイヤー」「ミドルレイヤー」「ベースレイヤー」の3層の重ね着とすることをレイヤリングといいます。天候や運動量に応じて脱ぎ着することで衣服内気候を快適に保ち、ウエアの性能を最大限に発揮させることができます。
アウトドア・アクティビティに応じて最適なウエアを選択することで、アウトドアフィールドをより快適に、より安全に楽しみましょう。

3つのレイヤーの機能と役割

イメージ画像
アウターレイヤー

雨・風・雪などから体を守る。
悪天候時のレインウエアや雪山のアウターレイヤーとして開発されているアルパインウエア。刻々と代わる過酷な環境に対応するため、優れた素材を使った機能的なウエアが求められます。


ミドルレイヤー

保温性を確保しながらウエア内をドライに保つ。
行動中に着用する「行動着」、休憩中や気温の低いときに羽織る「保温着」があります。主に保温性の確保が目的となりますが、気象条件や発汗・運動量などに応じ、汗をスムーズに透過させる通気性や速乾性も大切なポイントになります。


ベースレイヤー

汗を素早く吸水拡散し汗冷えを防ぐ。
素早く汗を吸水拡散して肌をドライに保つことと、保温性の確保が主な目的です。気象条件、発汗量や運動量などに応じて選択します。

レイヤリングはシチュエーションに合わせて調整する

イメージ画像

快適に行動するには、運動量と山域、自分の寒さへの耐性を考慮してウエアをレイヤリングし、状況に合せてこまめに脱ぎ着して体温調節をすることが重要です。

シーン別レイヤリング例(秋冬編)

雪山登山

冬期の縦走登山やアルパインクライミングを想定したレイヤリング例です。
冷え込みの厳しい環境下での行動や天候の崩れにも対応します。

イメージ画像
ワンポイントアドバイス

休憩時は予想以上に冷え込むもの。保温性に優れたダウンジャケットなどの中綿入りクロージングを携行することをおすすめします!

アルパインジャケット(保温材なし)

イメージ画像

一覧へ

アルパインパンツ(保温材なし)

イメージ画像

一覧へ

ソフトシェルジャケット

イメージ画像

一覧へ

スーパーメリノウール(中厚手/ミドルウエイト)

イメージ画像

一覧へ

ダウンジャケット(軽量シリーズ)

イメージ画像

一覧へ

スノースポーツ

動きやすさと適度な保温性を持ったレイヤリング例。
スキーやスノーボード、スノーシューハイキングなどに幅広く対応します。

イメージ画像
ワンポイントアドバイス

スキー・スノーボードでの滑走中には、保温性が高く、首からの寒気の侵入を防ぐネックゲーターなどを携行することをおすすめします!

ネックゲーター/バラクラバ

イメージ画像

一覧へ

アルパインジャケット(保温材入り)

イメージ画像

一覧へ

アルパインパンツ(保温材入り)

イメージ画像

一覧へ

フリースジャケット

イメージ画像

一覧へ

ジオライン(中厚手/ミドルウエイト)

イメージ画像

一覧へ

低山ハイク

秋山ハイキングや冬の低山ハイクでのレイヤリング例。
軽快さ、運動性を重視しながらも、予期しない天候や気温の変化に備えます。

イメージ画像
ワンポイントアドバイス

秋山では、夏季のように暑く感じられることもあれば、風雪を伴い急激に天候が崩れることもあり、幅広い対応が求められます。完全防水のアウターウエアや防寒着を必ず携行しましょう!

レインウエア(登山用)

イメージ画像

一覧へ

ウインドシェルジャケット

イメージ画像

一覧へ

長袖シャツ<中厚手>

イメージ画像

一覧へ

トレッキングパンツ<中厚手>

イメージ画像

一覧へ

ジオライン(薄手/ライトウエイト)

イメージ画像

一覧へ

トレッキングタイツ

イメージ画像

一覧へ

旅行や普段使いに

旅先での汎用性と使いやすさを重視したレイヤリング。
デイリーウエアとしても活用できます。

イメージ画像
ワンポイントアドバイス

保温性や軽量・コンパクト性だけでなく、洗濯のしやすさや、アイロン不要で乾いた後にそのまま着られる、といった手軽さもポイントです!

トラベルコート/ジャケット

イメージ画像

一覧へ

長袖シャツ<厚手>

イメージ画像

一覧へ

トラベルパンツ

イメージ画像

一覧へ

スーパーメリノウール(薄手/ライトウエイト)

イメージ画像

一覧へ

高所での登山・トレッキングに

イメージ画像

2,000m以上の高山になると寒暖差は激しく、休息時は予想以上に冷え込みます。運動時にかいた汗を素早く吸収拡散するインナーと温度調節が容易なソフトシェルを組み合わせ、汗冷え対策を行いましょう!

ワンポイントアドバイス

天候が変わりやすいため、レインウエアは必須です。 このほか、寒さに備えて中綿入りの防寒着を準備することも忘れずに。パンツの下に、脚の動きをサポートするサポーテックタイツを着用するのもおすすめです!

レインウエア(ゴアテックス製)

イメージ画像

一覧へ

機能素材<ウイックロン>

イメージ画像

一覧へ

トレッキングパンツ<中厚手>

イメージ画像

一覧へ

ジオライン(薄手/ライトウエイト)

イメージ画像

一覧へ

サポートタイツ

イメージ画像

一覧へ

低山や高原でのトレッキングや散策に

イメージ画像

低山であっても、急な天候の変化、気温の低下などへの備えは必須。温度調節が容易に行え、軽量・コンパクトなアウターやレインウエアを装備しておくことが大切です。

ワンポイントアドバイス

紫外線対策も忘れずに! 通気性などの機能に加え、UVカット効果を兼ね備えたウエアの着用をおすすめします。 パンツはストレッチ素材や立体裁断を用いた運動性に優れるアイテムをお選びください。

超軽量ウインドシェルジャケット

イメージ画像

一覧へ

長袖シャツ<薄手>

イメージ画像

一覧へ

機能素材<ウイックロン>

イメージ画像

一覧へ

トレッキングパンツ<薄手>

イメージ画像

一覧へ

ランニングなどの激しいアクティビティに

イメージ画像

炎天下での運動時にも素早く体をクールダウンする通気性や運動性を備えたウエアを。
加えて、休息時の汗冷えを防ぐ速乾性、紫外線を防ぐUVカット機能など、天候や時間帯に合ったアイテム選びが大切です。

ワンポイントアドバイス

小さく収納できて手軽に温度調節が行える超軽量・コンパクトなシェルを備えておくと便利です。パンツは足上げがしやすいショーツやタイツを!

超軽量ウインドシェルジャケット

イメージ画像

一覧へ

ウインドシェルジャケット

イメージ画像

一覧へ

機能素材<ウイックロンクール>

イメージ画像

一覧へ

ショートパンツ/ニッカ

イメージ画像

一覧へ

オンラインショップへ