ホーム>安全で快適な歩行を実現。進化を続ける「ツオロミーブーツ」

安全で快適な歩行を実現。進化を続ける「ツオロミーブーツ」

2017/5/10

抜群のグリップ力を誇るアウトソール「トレールグリッパー」を採用したトレッキングブーツ。

イメージ画像

雨の木道や、濡れた急峻な岩肌でも安心して歩きたい。滑りにくいソールを作るには既存の素材では限界があったため、モンベルは独自で特殊ゴムの配合テストを繰り返し、劇的にグリップ力を高めた新しいアウトソール「トレールグリッパー」を開発しました。
日本人の足にフィットし、安全で快適な歩行を実現する「ツオロミーブーツ」は、さまざまな山旅を足元から支えます。

イメージ画像

独自に配合した素材と、泥はけがよいソールパターンにより、濡れた岩肌や木道でも驚異的なグリップ力を発揮。スリップによる転倒などのリスクを軽減するだけでなく、安定した蹴り出しができ、快適で安全な歩行を実現します。

イメージ画像

特徴

粘着性

わずかに粘着性を持たせ、歩行を妨げることなく、乾いた地面はもちろん濡れた地面でも驚異的なグリップ力を実現します。

ソールパターン

モンベルでは靴の用途に合わせてスリットの深さやソールパターンを使い分けています。ツオロミーブーツのソールはスリットが深く岩の凹凸にしっかりと引っ掛かる、トレッキング向きのソールパターンです。

40°以上の濡れた急傾斜でも滑らない! 一般的なソールとの滑り始める傾斜角の比較

イメージ画像
イメージ画像

日本人の足は欧米人に比べて甲高幅広といわれています。モンベルでは、そんな日本人が快適に歩くために、靴の要となるラスト(靴の木型)を独自に開発。このラストをもとに、海外ブランドでは得られない高いフィット感を得られます。

イメージ画像

ワイドモデルについて

同じサイズ(足長)でも、足囲が大きい方に対応する「ワイドモデル」をご用意。ワイドモデル専用にラストを開発し、より高いフィット感を実現しています。

足囲とは

足囲とは親指根元と小指根元の、最もふくらんでいる部分の周囲の長さを示します。

イメージ画像

ワイドモデルもご用意。ツオロミーブーツ ラインアップ



イメージ画像

イージーフィットシステム

2つのループがハの字型に開いており(ハの字型ループ構造)、靴ひもとの摩擦抵抗が少なくなるので、靴ひもを引くだけで下部から上部まで均等に締めることができる独自システムです。少ない力で効率よく締めることができ、高いホールド感が得られます。

イメージ画像
イメージ画像

靴ひもを締めやすくする2つのフック

①ストッパー付きフック:フックの内側に突起を持たせているため、靴ひもをしっかりとホールドし、緩みを防ぎます。また、甲部分と足首部分の締め具合を分けて調節することができます。

②ボール付きフック:フックの内側のボールが靴ひもの動きをスムーズにし、効率よく締めることができます。

イメージ画像


イメージ画像

濡れた足は不快であるばかりか、靴ズレを引き起こし、冬場は凍傷のリスクを高めます。降雨などで足元のコンディションが刻一刻と変化する登山では、靴の内側を濡らし、冷やしてしまうことは避けなければなりません。また、蒸れによる結露で内側が濡れることも注意が必要です。

濡れを防いで蒸れを放出するという相反する機能を備えた素材「防水透湿性素材」によってこのリスクを低減できることから、ツオロミーブーツでは、高い防水性能と優れた透湿性能で近年の登山靴には欠かせない素材となっている「ゴアテックス」を採用しています。

イメージ画像


イメージ画像

①トゥーカップ:岩などにぶつけてもつま先を痛めないよう、樹脂製のカップを挿入しています。

②ヒールカウンター:かかとがぶれないよう、樹脂製の芯を入れて補強しています。

③立体成型パッド:シューズ内部には立体成型パッドを封入。アキレス腱を包み込むような構造にすることで、ぶれない抜群のホールド感を実現させています。

④トゥーバンパー:ソールと一体成型のバンパーで傷みやすい足先を強力にガードしています。

⑤シャンク:ソールのねじれを防ぐため樹脂製のシャンクプレートを挿入しています。

⑥ミッドソール:軽量性とクッション性に優れたE.V.A製のミッドソールを使用しています。

イメージ画像
イメージ画像

しなやかで耐摩耗性に優れ、ゴアテックスファブリクスの透湿性を最大限に生かすポリエステルメッシュを使用し、高い剛性を持つ2.2mm厚の高品質ヌバックレザーと合成皮革で部分的に補強を施しています。

イメージ画像


無雪期の縦走登山やトレッキングなどさまざまな山旅を支える「ツオロミーブーツ」 ラインアップ

イメージ画像

どんなに頑丈なつくりの登山靴でも、いずれは寿命がやってきます。靴の機能を最大限に発揮し、長く履き続けるにはメンテナンスが欠かせません。登山靴のお手入れ方法はこちらをご覧ください。

登山靴のメンテナンス情報はこちら>>