ホーム>アウトドア装備ガイドforキッズ (春夏編)

アウトドア装備ガイドforキッズ (春夏編)

2020/6/18

ワクワクがいっぱいのアウトドアフィールドへ! 元気に遊ぶ子どもたちを応援するウエア&ギアをご紹介

息を切らして登った山頂から見下ろす景色、ひすい色に輝く川での魚探し、手を伸ばせば届きそうな無数の星。アウトドアフィールドは、子どもたちの五感を刺激するものであふれています。

子どもたちの「生きる力」を育む自然体験

幼少期の豊かな自然体験が、子どもの成長に有効であるということが知られるようになってきました。自然の中での活動から生まれる、さまざまな驚きや感動、不思議の数々。そういった経験の積み重ねが、美しいものを感じる心を育み、バランスのとれた心身の成長を促すといわれています。さらには、非日常の環境のもと家族や友達など集団で過ごすことで、コミュニケーション能力や問題解決能力などが身につくと考えられています。

イメージ画像

イメージ画像

アウトドアフィールドで安全・快適に楽しむために
アウトドアウエア選びの基本

天候や気温の変化が激しいアウトドアフィールドでは、状況に応じたこまめな脱ぎ着と、機能的な素材のウエア選びが必要です。大人に比べて体温の変化が大きく、体力も消耗しやすい子どもたちのために、最適なものを選んであげてください。

レイヤリング(重ね着)で調節

重ね着のことを「レイヤリング」といいます。汗をかいたら1枚脱ぐ、風が強ければアウターを羽織るなど、状況に応じてこまめに調整しましょう。

イメージ画像

アウターレイヤー


雨や風を防ぐレインウエアやウインドシェルなど、主に「防水・防風」を担います。ジッパーの開閉で体温調節や蒸れの解消も可能。

ミドルレイヤー


フリースジャケットや化繊の長袖シャツなど、主に「体感温度の調節」を担うレイヤー。保温性、通気性を重視して選びます。

ベースレイヤー


肌に一番近いので、吸水速乾性や、肌触りの良さを重視して選びます。化繊のアンダーウエアやTシャツなどを着用しましょう。コットンはNG!

アウトドアでは素材選びが重要!

フィールドで快適・安全に過ごすためには、普段着として着ているコットン製のTシャツやデニムパンツなどはNGです。
コットンは汗や雨で濡れると非常に乾きにくく、汗冷えの原因となります。必ず速乾性を備えたウエアを用意してあげてください。アンダーウエアや靴下などは忘れがちですが、肌に一番近いウエアなので気をつけて!
ストレッチ性があって動きやすいことも重要です。
春夏は紫外線が強いので、UVカット効果を備えた素材が安心です。

イメージ画像

帽子


熱中症や日焼け対策に必須です。

パンツ


化繊素材で動きやすいものを。ケガや虫刺され予防にロングパンツか、ショーツ+タイツの組み合わせがおすすめです。

イメージ画像

ソックス


吸水速乾性に優れた素材のものを。靴ずれ予防に厚手のものがおすすめです。


登山にはハイカットで足首がサポートできる防水ブーツを。

トレッキング&ハイキング

山を歩くと、発見がいっぱい! 草花や生き物との出会い、風の匂いや素晴らしい景色、そして登りきった達成感は子どもたちの心に響きます。

イメージ画像

がんばって登った山頂から見る景色は宝物。非日常の「できた!」の体験は、親子や仲間との絆も深めてくれます。

イメージ画像

山には子どもの好奇心をくすぐるものが一杯。興味のあるものを見つけたら、たっぷり道草して親子で楽しみましょう。

イメージ画像

まずは、日頃から親しんでいる近所の低山へ。ケーブルカーやロープウェイを使えば、手軽に山の魅力を感じられます。

イメージ画像

肌に直接触れる部分は、汗をよく吸い早く乾く素材のウエアを選んで汗冷えを防ぎましょう。

イメージ画像

蒸れを防ぐ防水透湿素材のレインウエアが最適です。雨風が強いときはぬれや寒さに気をつけて。

アウターレイヤー

雨風のある日の山歩きに最適なレインウエア。上下セットのレイントレッカーや、高い防水透湿性を誇るゴアテックスを使用したレインダンサー(上下別売り)などを展開しています。

ミドルレイヤー

保温できるジャケットや化繊の長袖シャツなどで、体感温度の調節を。マウンテン ジャージジャケットは、気軽に羽織れてストレッチ性に優れた中厚手のジャケット。シャツには、吸水拡散性を持つウイックロン・シリーズがおすすめです。

ベースレイヤー

ベースレイヤーには、吸水拡散性を持ち汗冷えしにくいウエアを選びましょう。ジオラインのアンダーウエアシリーズは、速乾性と保温性を両立し、汗をかきやすい山歩きで活躍します。通気性に優れた極薄素材を使用したクールライトTは、真夏のアクティビティに最適です。

パンツ・ショーツ

ボトムスには、化繊素材でストレッチ性のある動きやすいものを。スカートのような見た目で中がショーツになっているストレッチO.D.ラップショーツをはじめ、さまざまなデザインのパンツやスカートがあります。

ソックス

ソックスは、クッション性に優れたトレッキング用のものを選びましょう。蒸れにくく乾きやすい素材のWIC.トレッキング ソックスのほか、保温性を持つメリノウール トレッキング ソックス・シリーズもあります。

フットウエア

フットウエアは、ハイカットで足首をサポートでき、防水のものが最適です。ベルクロやひも靴以外に、脱ぎ履きしやすいBOAフィットシステムを搭載した、ラップランドブーツ リールアジャスト Kid'sもおすすめです。

バックパック

キッズ フィールドパック・シリーズは、使い勝手が良くサイズやカラーの展開が豊富。水分補給に便利なトレールウォーターパックを搭載可能な、グラナイトパック・シリーズも展開しています。
グラナイトパック・シリーズは20L、30Lにトレールウォーターパックを取り付け可能です。

山歩きで役立つおすすめアイテム

帽子やサングラス、トレッキングポールなどの小物をそろえると、山歩きがぐっと快適になります。雨の日にはスパッツを使用して、裾から侵入する雨や小石を防ぎましょう。

子どもと山デビュー Q&A

子どもと山歩きを楽しみたい! でも、ちょっと不安・・・。そんな声にお答えします。

イメージ画像

Q. コースタイムはどのくらいみたらいい?
A. 年齢にもよりますが、小学生なら1.5~2倍くらいみておくと安心。気持ちにゆとりが持てるよう、早め出発・早め下山を心がけましょう。

Q. 山で急にトイレ、どうすればいい?
A. どうしても山中で行きたくなってしまったら、水源近くを避ける、穴を掘って埋めるなど環境に配慮を。和式トイレのスタイルに慣れておくといいですよ。モンベルのO.D.トイレキットも便利です。

Q. ケガなどのトラブルが心配です。
A. 絆創膏などの応急セットは持参しましょう。履きなれた靴でも、靴擦れなどを起こすことも。万一の事態にそなえて、費用が1泊2日で250円からと手頃なモンベルのアウトドア保険に加入しておくのもおすすめです。
アウトドア保険の詳細はこちら

キャンプ&自然観察

イメージ画像

生き物や虫を観察したり、ネイチャークラフトを楽しんだり。真っ暗な中、テントで眠るのも子どもたちにとってはドキドキ体験。気軽に始められるので、アウトドア初心者にもおすすめです。

イメージ画像

日中は気温が高くても、朝晩や標高の高い場所では思いのほか冷え込みます。春夏でも、防風や防寒対策をお忘れなく!

ウィンドシェル

アウターレイヤーとして風を防ぐ、ウインドシェル。コンパクトに収納できるものが持ち運びに便利です。

パンツ・ショーツ

コアスパンパンツ Kid'sは、キャンプ以外にも旅行や普段使いもしやすいベーシックなパンツです。コットンの風合いを持ちながら、ストレッチ性と速乾性を備えています。ショーツとタイツを組み合わせた、アクティブなスタイルもおすすめです。

その他の身に付けるアイテム

帽子やグローブなどの小物のほか、標高の高い場所では防寒着も忘れずに。

バックパック

バックパックは、荷物量に応じてジッパーで大きさを変えられる、トリプルポケットパック 45-60がおすすめです。便利な大型ポケット付きのシリーズは、小さな子どもでも背負える10Lからラインアップしています。

スリーピングバッグ

お手入れしやすい化繊綿を使用した、暖かい子ども用スリーピングバッグ。綿が多く低温向きの#3と、コンパクトで暖かい季節向きの#7を展開しています。

キャンプで役立つおすすめアイテム

かかとまで覆えるしっかりしたサンダルは、キャンプや川遊びに最適。キャンプでの貴重な光源であるヘッドランプは、一人一つずつご用意を。焚火や料理をする場合は、難燃素材を使用したフエゴパーカが活躍します。

筆で書く楽しさをフィールドで

筆や墨、硯など毛筆を楽しむために必要なものをコンパクトなセットに。堅苦しい書道ではなく、絵でも文字でも、フィールドで感じたことを自由にのびのびと形にしてみましょう!

水遊び

イメージ画像

子どもたちは水遊びが大好き! スノーケリングで海の生き物を観察したり、カヤックで川下りをしたり。ライフジャケットなど、安全のための装備は忘れずに、思い切り楽しみましょう。

イメージ画像

つい夢中になってしまって体が冷えたり、日焼けし過ぎたりしないよう、水遊びに適したウエアを選びましょう。

水遊びウエア

冷えや擦り傷、日差しから肌を守る水遊びウエア。強靭で保温性の高いライトネオプレン・シリーズと、撥水性とUVカット効果を兼ね備えたアクアボディシリーズがあります。

日焼け対策アイテム

日焼け対策のアイテムも忘れず用意しましょう。通気性と速乾性に優れた素材「ウィックロン クール」を使用したクールパーカは、UVカット効果も備え、日差しの強い日におすすめです。首元への日差しを効果的に遮る日除け布がついたハットも便利です。

水遊びのお供に

さまざまな場所で活躍するゴーグル、フロントが開いて脱ぎ履きしやすいアクアシューズ、コンパクトで取り回しのしやすいコンパクトフィンなど、水遊びのお供にいかがですか?

その他のおすすめアイテム

高い防水性を備えたスタッフバッグや車のシートカバーがあれば、たくさん遊んで濡れてしまっても安心です。

子どもの命を守る「ライフジャケット」

イメージ画像

子どもたちにとって水辺はとっても楽しい遊び場ですが、危険な場所でもあります。特に気をつけたいのが「溺れる」ということ。子どもたちは、浅い場所でも、流れが全くないところでも一瞬で「溺れる」ことがあります。
そんな水辺での必須アイテムが「ライフジャケット」です。「ライフジャケット」があれば、体が浮くので安全性が飛躍的に向上します。
子どもたちの命を守るために「ライフジャケット」を必ず準備してくださいね!
「子どもたちにライジャケを!」ウェブサイト

子ども用ライフジャケット&普段も使える「浮くっしょん」

「子どもたちにライジャケを!」活動支援 寄付付きTシャツ

アウトドアへのはじめの一歩をお手伝いします!

イメージ画像

モンベルのアウトフィッター部門M.O.C.では、子どもと一緒に楽しめるイベントを全国各地で多数開催しています。
モンベルのスタッフや地域に詳しいガイドがご案内しますので、アウトドアが初めてでも安心してご参加いただけます。

2020年おすすめのイベント

●トレッキング
親子で歩こう 乗鞍岳登山2days(長野県)8月1日(土)~2日(日)
大自然に触れる親子ハイキング 栂池自然園(長野県)7月25日(土)
親子でトレッキング 金剛山天ヶ滝(奈良県)7月5日(日)ほか


●キャンプ&自然体験
キッズキャンプ2days 本山(高知県)7月28日(火)~29日(水)ほか
昆虫博士と探す森の昆虫<昆虫採取と標本作り> 生駒山麓公園(奈良県)8月2日(日)、8月22日(土)


●水遊び
親子でカヤック&水遊び 奈良吉野川(午前・午後)(奈良県)6月13日(土)、6月14日(日)、6月27日(土)ほか
キッズチャレンジ 川遊び 奈良吉野川 2days(奈良県)8月3日(月)~4日(火)
キッズラフティング Halfday 四国吉野川(高知県) 4月~11月の毎土日祝日開催
カヤック体験 Halfday 四国吉野川(高知県)4月1日(水)~ 11月30日(月)の毎日開催 ※5月20日(水)、5月27日(水)、6月12日(金)、10月22日(木)を除く

上記のほかにも、全国各地で多数開催! アウトドアイベント一覧はこちら

一年中アウトドアが楽しめる モンベルのアウトドア拠点

M.O.C.フィールドベース 奈良五條(奈良・五條市)

イメージ画像

関西都市部からアクセスがよく、カヤックやラフティング、トレッキングイベントを一年中開催。ゲストハウスも備えています。

モンベル アウトドアヴィレッジ本山(高知・本山町)

イメージ画像

コテージや温泉施設、レストランなどが一体となったアウトドア拠点。ラフティングやカヤックなど多彩なイベントで四国の大自然を満喫できます。

モンベル五ケ山ベースキャンプ(福岡・那珂川市)

イメージ画像

五ケ山ダム湖畔に位置する広々としたキャンプ場。多彩なサイトを備え、クライミングなどアウトドア体験も楽しめます。

パンフレットをご用意しています

イメージ画像

アウトドア装備ガイド for Kid's 2020春夏編


元気いっぱいに外で遊ぶ子どもたちのために、安全で快適に過ごせるウエアやギアをご紹介! PDFファイルはこちら

オンラインショップへ