ホーム>驚きの暖かさと軽さを実現。ダウンハガー900シリーズ

驚きの暖かさと軽さを実現。ダウンハガー900シリーズ

2017/4/7

超高品質ダウンと抜群の伸縮性。培われた素材とアイデアが心地よい眠りを生み出します。

イメージ画像

寝返りを打つたびに寝袋と体の間の空気が動き、暖まった空気は逃げようとします。体との隙間を極力減らし、なおかつ窮屈感も避けたい。この相反する課題を、寝袋に伸縮性を持たせることで解決。体にフィットし熱を逃がさず、「伸び」が動きを妨げない。わずかな量で高い保温力を発揮する超高品質ダウンと超軽量生地を組み合わせ、驚きの暖かさと軽さを実現しました。全ては心地よい眠りのために。

イメージ画像

超高品質“EX900ダウン”を使用

寝袋の暖かさは動かない空気の層をつくりだす中綿の厚さに左右されますが、そのためにダウンや化繊などの中綿の量を増やすと寝袋は重く、大きくなってしまします。
ダウンハガー900は成長した水鳥がもつ超高品質な900FP(フィルパワー)のダウンを使用。羽毛が大きく、少ない綿量でも暖かい空気をたっぷり蓄える良質なダウンボールを持ち、圧縮からの復元力にも優れます。この900FPのダウンを惜しみなく使うことで、保温性を維持しながら軽量・コンパクト化することに成功しました。

【フィルパワー(FP)について】
ダウンが持つ「かさ高さ」を表し、一般的に600~700FPのものが良質ダウン、700以上のものが高品質ダウンとされています。

イメージ画像

軽量かつ引き裂き強度に優れた“バリスティック・エアライト”

抜群の軽量性と充分な強度を両立させた、極薄生地バリスティック エアライト®を使用。一本一本の糸を構成する繊維が細くしなやかなので、中綿が膨らもうとする力を妨げません。
ダウンハガー900シリーズに使用している生地は繊維自体に縮れ(クリンプ)を加えることで、伸縮性を確保するとともに、肌に触れたときに感じる接触冷感を軽減しています。

【デニールについて】
合成繊維の糸の太さを表す単位。1デニール=9,000mの長さで重量が1gの糸。デニール数が小さくなるほど糸が細くなります。

イメージ画像

世界最高レベルの撥水性をもつ“ポルカテックス”

通常の耐久撥水をはるかに凌ぐ撥水性能を実現した、世界最高レベルの撥水加工です。小雨程度なら難なくはじき、繊維の保水を防ぐだけでなく撥油性にも優れるため、汚れも付きにくくなっています。また、加工剤の剥離を防ぐ独自の技術により、従来の撥水剤の欠点であった摩耗や洗濯による撥水機能の低下を大幅に改善しています。
ダウンハガー900シリーズはこのポルカテックスを採用することにより、中綿をドライに保ち、保温性を確保しています。中綿の濡れによる保温性の低下や、重量増を最小限に抑えます。

イメージ画像


イメージ画像


心地よい眠りを追求し、辿りついた“スーパースパイラル ストレッチシステム”

イメージ画像

“バイアス・ストレッチ”と糸ゴムを使用したステッチが理想的な伸縮を可能に

一般的な生地は縦・横方向には伸びませんが、斜めの方向に対しては伸びやすい構造になっています。その生地本来の持つ伸縮性を最大限に生かすため、繊維を斜め(バイアス状)に配置。ナチュラルな伸びにより、緩やかに体の動きに追随し、窮屈感のない快適な寝心地を実感できます。
そしてステッチ部分には糸ゴムを採用。抜群のストレッチ性獲得しました。隙間のないフィット感と窮屈感の解消という相反する二つの要素を兼ね備え、就寝中の無意識な体の動きを妨げません。これまでにない寝心地のよさを得られるとともに、寝袋内に空気が自由に行き来できる隙間をほとんど残さないため高い保温効率を保ちます。

イメージ画像

生地の伸びを生かすステッチと気室を確保するボックス構造

斜め(バイアス状)に配置した生地の伸びを最大限生かすよう、糸ゴムを使用したステッチも繊維方向と平行に施しています。
さらにステッチ方向に合わせて隔壁を設けた「箱マチ」構造を全面に採用。これにより、縫い糸で気室がつぶれることなく、ダウンのロフト(かさ高さ)が保持されるため、ダウンの保温性を最大限に引き出すことができるとともに、ダウンの片寄りと縫い目からの放熱を防止しています。(#5の背中側は除く)


超高品質ダウンによりコンパクトに収納可能

イメージ画像

収納しやすいスタッフバッグ“テーパードスパイラル スタッフバッグ”

スタッフバッグにもスパイラルストレッチ™システムと同じバイアスの生地を採用。生地の伸縮により形状が変化するため、バックパックなどの空いたスペースに合わせて収納が可能。寝袋が入れやすいように入口が広くなっています。
また、長期間保管用にストリージバッグが付属しています。長期間使用しない際に、スリーピングバッグをゆったりと入れておくことで、ダウンのロフト(かさ高さ)低下を最小限に抑えます。


心地よい眠りをサポートするその他の機能

イメージ画像


ダウンハガー900シリーズラインアップ

【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。

ダウンハガー900シリーズ対応温度域

イメージ画像


ご家庭でもメンテナンスができます。

スリーピングバッグに封入されているダウンに皮脂などが付着すると、たくさんの空気を蓄えることができなくなり、保温性が低下してきます。それを防ぐためには、適切なお手入れが欠かせません。汚れている場合や、かさが低くなり買った当初ほど暖かくないと感じる場合は、寝袋を洗いましょう。