ホーム>【フレンドマーケット】新規出店の生産者ご紹介(2019年8月~)

【フレンドマーケット】新規出店の生産者ご紹介(2019年8月~)

2019/11/25

新しく「フレンドマーケット」に加わった生産者をご紹介します。

イメージ画像

お客さまと生産者をつなぐオンラインショップ「モンベル・フレンドマーケット」。自然の恩恵が詰まった各地の逸品を産地直送でお届けします。2019年8月以降、新しく登録されたフレンドマーケットの生産者をご紹介します。フレンドマーケットの商品はこちら

2019年11月に登録された生産者

健康米 味楽農場(秋田県)

イメージ画像

稲作に適した豊かな環境の秋田県大潟村で、大規模ながら品質にこだわった米作りをしています。「味楽農場」では農薬や化学肥料を国の基準の半分以下に抑え、安心安全はもちろん味にもこだわり、皆さまの食卓に健康を届けます。
生産者の詳細情報へ

 

大谷商店(福井県)

イメージ画像

創業より4代(約150年)続く、福井県高浜町で唯一の蒲鉾屋です。山と海に囲まれた自然豊かなこの地で、創業より作り続ける全国的にも珍しい蒸しちくわ「若狭の白ちくわ」や、看板商品「福井の米かま」を中心に、福井・若狭ならではの蒲鉾、ちくわを全国へという思いで毎日商品を製造しています。
生産者の詳細情報へ

グリーンファーム沖美(広島県)

イメージ画像

瀬戸内海に浮かぶ広島県の江田島で、ブランド トマト「アイミィトマト」を育てています。グリーンファーム沖美のトマトは、江田島の島(アイランド)とミディトマトを掛けて「アイミィ」と名付けました。太陽の光を一日中浴びれる高台で作られるトマトはうまみがぎゅっと凝縮し、口に入れた瞬間果汁が溢れ出し、フルーティーな風味が広がります。
生産者の詳細情報へ

テロワール(徳島県)

イメージ画像

四国で一番小さな町「上勝町」。日本の原風景が残る美しい町の魅力を発信するため、魅力づくりを行なっています。上勝には、日本の棚田百選に選ばれるほど美しい棚田があります。平成22年には徳島県で初めて「国の重要文化的景観」に認定された、美しい景観の中で育ったお米をお届けします。
生産者の詳細情報へ

宮島酒店(長野県)

イメージ画像

中央アルプスと南アルプスという2つの大山脈に挟まれた自然豊かな伊那谷にある日本酒「信濃錦」の蔵元です。米と米麹だけで作る純米醸造の酒は、その年の米の品質や気候の変動、さらには蔵人の手の温もりまで感じることができる画一されない「風土の酒」ができるのです。いつかすべての酒米を自分たちで「無農薬栽培」とすることが私たちの夢です。
生産者の詳細情報へ

2019年10月に登録された生産者

三浦米太郎商店(秋田県)

イメージ画像

秋田県の最南端にかほ市で、秋田の伝統食である「ハタハタ寿し」を100年以上、製造、販売しています。秋田県産の原料のみを使用し、約一カ月熟成させて作るハタハタ寿司は、ほどよい酸味とうまみとまろやかさが特徴です。秋田の風土が作り出した秋田名物「ハタハタ」の味を、ぜひ一度ご賞味ください。
生産者の詳細情報へ

2019年9月に登録された生産者

とりみファーム(秋田県)

イメージ画像

秋田県と山形県の県境にある鳥海山の山麓に「とりみファーム」はあります。世界有数の降水(雪)量を誇り、朝晩の寒暖差も大きい気候を生かして、ブルーベリーやラズベリー、野菜を栽培しています。自然豊かな秋田の恵みを受けて育った、自然のままの野性味あふれる味をお届けします。
生産者の詳細情報へ

北浦郷(秋田県)

イメージ画像

仙北市角館町でお米を作り続けて40年。家族経営で農家を営んでいます。農薬を使用していないため、田んぼには蛍、カエル、雑魚など多種多様な生物が生息しています。黄金色に染まった稲は、昔ながらの天日干しで乾燥させ、うま味を凝縮します。自信を持ってみなさまの食卓にお届けできる自慢のお米を、ぜひご賞味ください。
生産者の詳細情報へ

2019年8月に登録された生産者

松鶴ファーム(北海道)

イメージ画像

北海道のほぼ中央に位置する南富良野町、アウトドアのフィールドとしても魅力がいっぱい詰まったこの地で、トマトやカボチャなどの野菜を作っています。子供から大人までが安心して訪れることができる農場を目指しています。「食べると笑顔になる」野菜の味をお楽しみください!
生産者の詳細情報へ

TASHIKA (兵庫県)

イメージ画像

兵庫県の山間部では、シカやイノシシが畑を荒らす「獣害」が増えており、積極的な捕獲が推進されています。シカも日本で生きる大切な命。その命をありがたく頂戴し、私たちの生活に少しでも役立てようという思いから、シカ肉を使った安心・安全無添加ドッグフードシリーズを開発しました。
生産者の詳細情報へ

けものみちPROJECT(山口県)

イメージ画像

害獣として殺されてしまう生命を余すところなくいただき活用するために、山口県長門市にて、ジビエ事業の取り組みとして、「けものみちPROJECT」は誕生しました。使い道がなく廃棄されていたシカやイノシシの皮や角を、革製品やアクセサリーに加工しています。生命のカタチを変え、繋いでゆく。それが私たちに今できることだと考えています。
生産者の詳細情報へ

足立醸造(兵庫県)

イメージ画像

初代の足立一重が1889年に創業して以来、兵庫県・奥播州の「おいしい水の里」多可町で、地元兵庫県産、また有機栽培された国産の原料を厳選し、添加物を極力使わない昔ながらの製法で醤油と味噌造りをしています。創業から百年以上使い込んだ木桶に一年以上じっくり寝かせた醤油は、深みある芳醇な味わいです。
生産者の詳細情報へ

アグリスリー(千葉県)

イメージ画像

千葉県横芝光町で梨を中心に、米や野菜などを栽培しています。園主は元パティシエという経歴の持ち主。細部まで手が行き届いた様子から、アグリスリーの梨園は「日本一キレイな梨園」とも言われています。パティシエならではの経験を活かした梨づくりで、自らも納得のできるおいしい梨を追及しています。
生産者の詳細情報へ

モンベルサイトHOMEへ